はじめに

台北からMRTで約40分。気軽に行ける温泉地として、観光客が急増中の北投。どこか懐かしい街の風情、天然ラジウム温泉をはじめとした良質なお湯といった魅力に加え、近頃はレストランのレベルの高さにも注目が集まっています。温泉施設とレストラン、カフェを擁する複合施設「少帥禪園(マーシャル ゼン ガーデン)」もそのひとつ。いろいろな楽しみ方ができるなか、今回はアフタヌーンティーと温泉体験を紹介します。 張學良夫妻の旧居で、時の流れに思いを馳せて。

張學良夫妻の旧居で、時の流れに思いを馳せて。

瓦屋根が目を引く日本風の建物が連なる「少帥禪園」は、日本統治時代に建てられた高級温泉宿「新高旅社」がその始まり。戦後には国民党と共に台湾に渡った軍人・張學良を幽閉する住居に。時を経て1980年代にレストランとして一般に開放された後、2011年の大幅リニューアルによって、現在の「少帥禪園」が誕生しました。“少帥”とは、張學良の愛称のひとつ。長い歴史のなか、彼の古い住まいであった時代にスポットを当て、国内外から注目を集める施設へと生まれ変わりました。 長寿の秘訣は食にあり!? 当時をしのぶメニューを展開。

長寿の秘訣は食にあり!? 当時をしのぶメニューを展開。

1300坪もの広大な敷地には、レストラン「漢卿美饌」、カフェ「小六茶鋪」に加え、白硫泉が楽しめる個室風呂や足湯エリア、歴史に思いを馳せる展示室「少帥紀念亭」があり、週末には家族連れがレジャー感覚で訪れるスポットとなっています。
波乱に満ちた人生を送りながら、100歳まで力強く生きた張學良。レストランやカフェでは、彼の長寿を支えたといわれる食に注目し、当時の食事にちなんだメニューを提供しています。
湯けむりに包まれる街並みを見渡せる、絶好のロケーション。

湯けむりに包まれる街並みを見渡せる、絶好のロケーション。

「少帥禪園」の全貌が見渡せる特等席にあるのが、カフェ「小六茶鋪」。北投の趣きある街並み、關渡平野、觀音山をはじめとした山の緑、白煙が立ち上る源泉・地熱谷の様子などなど……北投ならではの風景が一望できる場所に佇む建物を活用しています。 晴れた日には陽光が差し込み、曇りの日には叙情的な空色が広がるこの空間でいただけるのは、台湾の食材で作られる中国東北地方のスイーツの数々。名付けて「少帥東北懷鄉」。甘いスイーツ系と塩気のある軽食系に分けてサーブされる木製プレートは、写真映えも上々。お子様連れを意識したファンシーな置物ともども“いいね!”が集まる写真が撮れると評判です。 北投の絶景を前に、台湾風アフタヌーンティーでほっこり。

北投の絶景を前に、台湾風アフタヌーンティーでほっこり。

気になるプレートの内容は、甘味系は、ピーナッツと小豆あんの2色餅、クルミ入り黒糖ケーキ、“雪Q餅”と呼ばれるラズベリーのマシュマロビスケット、サツマイモの蜂蜜煮。塩系には、青ねぎのおやき、塩干し豆腐、カレーパイ、ねぎクレープが並びます。

いずれも、張學良と夫人がこの地に来て体験した、台湾らしさ溢れる味わいで、大人はもちろん、お子様にも喜ばれるレシピです。ちなみに、店名の“小六”は、張學良の幼名のひとつ“小六子”に由来しているそう。

写真のペアセットは、有機豆乳のパンナコッタ、コーヒーまたは紅茶がついて1200元+10%。飲み物は、160元以内の別メニューへの変更が可能です。
山景を望む個室風呂で、白硫泉の恵みを存分に体感。

山景を望む個室風呂で、白硫泉の恵みを存分に体感。

「少帥禪園」の魅力は、なんといっても個室風呂「雙喜湯屋」が併設されていること。この“雙喜”も、張學良の幼名にちなんでいるそう。個室は全15、觀音山が望める大きな窓、温冷2槽の浴槽を備えた広々とした空間が自慢です。フローリングや籐の椅子など、自然の恵みを享受するスペースにふさわしいインテリアで、快適な温泉タイムが楽しめます。

泉質は、pH3-4の白硫泉。硫黄が香る乳白色のお湯で、角質の軟化をはじめ、お肌の悩みに特に良いとされています。湯上がりの肌は、すっきりすべすべ!

月曜から金曜までは、「雙喜湯屋」と「小六茶鋪」のセットプランがオススメです。2人分のアフタヌーンティー、スタンダードルームでの入浴、薔薇のサワードリンク1瓶つきで2699元。デラッスルームでの入浴なら、2999元と、どちらもお得です。

おわりに

温泉に入る時間がないときは、ぜひ足湯スペースに立ち寄って。日中、夕暮れどき、夜……刻々と表情を変える景色を眺め、山の風に吹かれながら、ホカホカの足湯に浸ったならば、友達や家族との会話も弾むこと請け合いです。

歴史と自然を感じながら、心と体を緩めるひととき。忘れがたい台湾滞在を求めるなら、北投の「少帥禪園」へ。

◆少帥禪園 張學良幽禁舊居(マーシャル ゼン ガーデン)
住所:台北市北投區幽雅路34號
電話:+886-2-2893-5336

情報提供元:旅色プラス
記事名:「【台湾情報】台湾らしい點心が並ぶ午後茶と白硫泉の個室風呂。北投で過ごす、癒しのひととき。