はじめに

2019年1月29日京都駅前にオープンする「THE THOUSAND KYOTO」に合わせて、京都の奥深さを体感できる取り組み「OKUTRIP KYOTO」が開始されます。ホテル宿泊者向けの「体験プログラム」とレストランから発信する「食の魅力」に、新しい京都の魅力が詰まっています! 「OKUTRIP KYOTO(オクトリップ キョウト)」とは?

「OKUTRIP KYOTO(オクトリップ キョウト)」とは?

「OKUTRIP KYOTO(オクトリップ キョウト)」とは、2019年1月29日(火)にオープンするホテル「THE THOUSAND KYOTO」に合わせて、京都の奥深い魅力を発信する取り組みです。

担当者が自らの足で1,000キロを超える街歩きをして発掘した、まだあまり知られていない京都の魅力を①ホテルの宿泊者向けの「体験プログラム」と、②レストランから発信する「食の魅力」の2つに分けて提供します。

モノよりもコト、思い出に残る体験ができるこのプログラムで、京都の新たな魅力を発見しましょう。 ホテル宿泊者向け「体験プログラム」

ホテル宿泊者向け「体験プログラム」

京都の奥深さを知ることができる「体験プログラム」では、ガイドブックやツアーでは体験できないことを一人ひとりの要望に合わせて提案してもらえます。ここだけの特別待遇(SPECIAL)や、地元に没入する旅(LOCAL)、好きなことを極められる旅(PERSONAL)の3つをキーワードに、ホテルのコンシェルジュ「サウザンド・コンシェルジュ」が旅のプログラムを提案してくれます。

例えば、叡山電車の観光列車「ひえい」で食の魅力を知れる貸切運行の旅、ヘリコプタークルージングで京都の空を移動し、ホテルシェフのいる特別な野外レストランでのディナーを楽しむ旅、普段は一般客の入れない京都西陣の呉服卸問屋でゆっくりと反物を選び着物を作る旅、通常は非公開の新撰組ゆかりの地への入場に、歴史ある非公開寺院での座禅体験や座敷貸切など、多彩なプログラムをオリジナルで組み立ててくれるんです。 レストラン発信の「食の魅力」

レストラン発信の「食の魅力」

「THE THOUSAND KYOTO」のレストランでは、京都の「食の魅力」を体験できます。ただ美味しいものを味わうだけでなく、料理を中心として芸術や歴史、社会学などの文化的要素を学ぶ美食学とも呼ばれる「ガストロノミー」という言葉を使った「ザ・サウザンド・ガストロノミー」という取り組みです。

料理人がその日のおすすめの食材を提案し、ゲストとともに素材や調理法を選んで味わえるオリジナルスタイルの日本料理や、気軽なランチから特別なディナーにまで使えるイタリアン、国産の紅茶や和と洋が融合したスイーツ、4~5種類をプレゼンテーションして選ぶ形式のコーヒーなどが味わえる、現代の「茶会」をテーマにしたティー&バーが併設されます。 THE THOUSAND KYOTO

THE THOUSAND KYOTO

「THE THOUSAND KYOTO」は、2019年1月29日(火)に京都駅前にオープンします。ゲスト個人個人のゆとりや心地よさをコンセプトにした「パーソナル・コンフォート・ホテル」で、シンプルながら心地よいサービスが受けられます。

ジムやスパのほか、トリートメントルームやウエディングも行えるチャペルも併設されます。
JR京都駅から徒歩約2分なので、旅の拠点にも便利です。

体験プログラムの詳細は後日公式ホームページで発表予定。レストランの予約はすでにスタートしているので、ぜひチェックしてみてください。


◆THE THOUSAND KYOTO
住所:京都市下京区東塩小路町570


THE THOUSAND KYOTO

おわりに

「OKUTRIP KYOTO」は、普通の旅では知ることのできない京都の奥深さを体感できる取り組みです。普段より少し特別な体験をして、忘れられない思い出を作りましょう。

情報提供元:旅色プラス
記事名:「「OKUTRIP KYOTO(オクトリップ キョウト)」でここだけの“京都の奥深さ”を体感!