はじめに

10月25日公開のトラベルウェブマガジン『月刊旅色』11月号で、女優の新垣結衣さんが長野県・軽井沢の旅を体験。「30歳になってからは、もっと気軽に旅を楽しみたいと思うようになりました」と話す新垣さんが、木のぬくもりあふれる美術館や博物館を、気ままに散策しました。 自然のなかのミュージアム「ムーゼの森」

自然のなかのミュージアム「ムーゼの森」

「軽井沢絵本の森美術館」「エルツおもちゃ博物館・軽井沢」という2つの専門ミュージアムと、「ピクチャレスク・ガーデン」からなるアートスポット「ムーゼの森」。原生植物を中心に配したナチュラルな庭を歩く新垣さんは、まさに森の中の妖精のよう。広大な自然に囲まれたミュージアムに驚いていました。 「森の願いエリア」では、絵本型の木札(言の葉)に願いを書いて星に願いを届けることができます。物語世界に入り込んだような気分に浸れますよ。 ピーターラビット™が住む? 絵本の美術館

ピーターラビット™が住む? 絵本の美術館

3つの展示館と約1800冊の蔵書を誇る「軽井沢絵本の森美術館」。第3展示館には「ピーターラビット™のひみつの部屋」の常設展示も ビアトリクス・ポターの生誕150周年を記念して、2016年にピーターラビット™シリーズを紹介するコーナーが常設されました。真顔で向き合う新垣さん。なにやら深刻な話...? エルツおもちゃ博物館・軽井沢

エルツおもちゃ博物館・軽井沢

ドイツ・エルツ地方で300年以上にわたり継承されてきた木工おもちゃや、ヨーロッパの良質な知育玩具を紹介。職人の匠の技で生み出されたおもちゃの数々はまさに芸術品です。 ドイツ・エルツ地方の代表的な木工芸品である「くるみ割り人形」。精巧な作りのくるみ割り人形に思わず立ち止まって見入る新垣さん。

おわりに

避暑地として訪れる夏とはひと味違った、秋の軽井沢。幻想的な雰囲気のなかでリラックスした旅を満喫する新垣さんを、ぜひ月刊旅色11月号でチェックしてみてください。

情報提供元:旅色プラス
記事名:「新垣結衣さんが秋の軽井沢で絵本の世界のような非日常旅を体験