はじめに

芸術の秋ということで、今度の休日にはアートを堪能しませんか?
この秋のおすすめのアートイベントを全国から4つご紹介します。 「オランジュリー美術館コレクション ルノワールとパリに恋した12人の画家たち」展

「オランジュリー美術館コレクション ルノワールとパリに恋した12人の画家たち」展

横浜美術館では、「オランジュリー美術館コレクション ルノワールとパリに恋した12人の画家たち」展(記事トップの写真)が9月21日(土)から2020年1月13日(月・祝)まで開催されます。

パリのセーヌ河岸にあるオランジュリー美術館が所蔵する印象派、エコール・ド・パリなどのヨーロッパ屈指の絵画コレクションが来日します。
13人の画家による約70点の作品が21年ぶりにまとまって日本で見られる貴重な機会で、日本人にはおなじみの画家の傑作が一時に見られます。
お得な前売りチケットやマスコット付きのチケットなども発売されるのでぜひチェックしてみてください。


◆オランジュリー美術館コレクションルノワールとパリに恋した12人の画家たち
場所:横浜美術館
電話番号:03-5777-8600
会期:9月21日(土)~2020年1月13日(月・祝)
時間:10:00~18:00 *会期中の金曜・土曜は20:00まで開館(ただし9/27~28、1/10~12は21:00まで)
休館日:木曜日(2019年12月26日[木]は開館)、2019年12月28日(土)~ 2020年1 月2日(木)
料金:当日一般1,700円、大学・高校生1,200円、中学生700円 65歳以上1,600円 「見たことがないブリューゲル~巨大3スクリーンによる映像の奇跡~」

「見たことがないブリューゲル~巨大3スクリーンによる映像の奇跡~」

六本木ヒルズのヒルズカフェ/スペースでは、ブリューゲルの没後450周年記念イベントとして「見たことがないブリューゲル~巨大3スクリーンによる映像の奇跡~」を、9月10日(火)から16日(月・祝)の7日間開催します。
これはブリューゲルの傑作3作品のモチーフに秘められたドラマを映像によって3画面で表現する巨大スクリーンを3つ使ったイベントです。

細かく描きこまれて肉眼では詳しく観察できないブリューゲルの作品をよりよく知ることができる映像が日本初公開となるので、ファンの人は見逃せません。


◆見たことがないブリューゲル~巨大3スクリーンによる映像の奇跡~
場所:六本木ヒルズ ヒルズカフェ/スペース
会期:9月10日(火) ~16日(月・祝)
時間:11:00~23:00(最終入場22:30、初日は~15:00)
料金:入場無料 「京都市美術館所蔵品展」

「京都市美術館所蔵品展」

美術館「えき」kyotoでは、改修中の京都市美術館の所蔵品を紹介するイベント「京都市美術館所蔵品展」を開催しています。
第3回目となる8月29日(木)から9月16日(月・祝)は、テーマを「動物パラダイス」として、絵画や彫刻、工芸など様々な分野の動物の芸術作品が出展されます。

京都市美術館の所蔵品の中でも、動物を表現した46作品がジェイアール京都伊勢丹7階に隣接している会場で見られるので、ぜひ立ち寄ってみてください。


◆京都市美術館所蔵品展
場所:美術館「えき」KYOTO
会期:8月29日(木)~9月16日(月・祝)
時間:10:00~20:00
料金:当日一般900円、大高生700円、中小生500円 六甲ミーツ・アート 芸術散歩2019

六甲ミーツ・アート 芸術散歩2019

9月14日(土)から11月24日(日)のあいだの土日祝日である計27日、六甲山上のアート作品を巡るツアー「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2019」が開催されます。

神戸からバスで移動し、六甲ガーデンテラス、六甲山カンツリーハウス、六甲高山植物園、六甲オルゴールミュージアム、六甲ケーブル、風の教会に飾られているアート作品をガイドの解説つきで鑑賞し、六甲ビューパレスで三田ポークのカツレツやローストビーフの特別ランチを食べる、秋にぴったりのツアーとなっています。


◆六甲ミーツ・アート 芸術散歩2019
場所:三宮、新神戸発
会期:9月14日(土)~11月24日(日)の土日祝 計27日間
時間:10:00~17:00
料金:8,700円 (税込価格/鑑賞チケット、バス、ケーブル、ランチ、保険、ガイド料金含む)

おわりに

アートの秋を満喫したい人のために、全国からこの秋おススメのアートイベントを4つご紹介しました。
普段からアートが好きな人も、そうでない人も、この秋はアートに触れて充実した時間を過ごしましょう!

情報提供元:旅色プラス
記事名:「アートの秋! おすすめアートイベント4選【全国】