はじめに

国内初めてとなる「スターバックス リザーブ® ロースタリ―」が、2月28日に中目黒にオープンします。「リザーブ」は、コーヒー豆の格付けでいう「プレミアムクラス」、「ロースタリー」は焙煎所をを意味します。世界で5番目となる店舗ということで、新しいコーヒー体験の魅力をお伝えします。 世界で5番目のオープン

世界で5番目のオープン

中目黒に2月28日「スターバックス リザーブ® ロースタリ―」が、国内で初めて、世界でも5番目の店舗としてオープンします。「世界各地から調達したもっとも個性的なコーヒーの焙煎と抽出を楽しめる」というコンセプトで作られた、コーヒーの世界を五感で体験できる新形態のスターバックスです。

本国アメリカでは発祥の地であるシアトルに1号店がオープンし、上海やニューヨーク、ミラノに出店を重ねてきました。ちょっと特別なスターバックスが日本でも楽しめるようになるなんて、スタバファンにはたまりませんね。
専門テイスターが厳選したコーヒー「スターバックス リザーブ®」

専門テイスターが厳選したコーヒー「スターバックス リザーブ®」

スターバックスでは、専門テイスターが厳選した個性豊かで希少なコーヒーを「スターバックス リザーブ®」として限られた店舗で販売しています。通常の店舗とは違って1杯1杯丁寧に焙煎して入れているのはもちろん、選りすぐりのコーヒー豆を買って帰ることもできるので、自宅でいつもと違うコーヒーを飲んでみたい人にもおすすめです。加えて、焙煎・抽出されている様子を見学したり、コーヒーのスペシャリストにコーヒーについて教えてもらうこともできるなど、行くだけで学びのある空間です。 隈研吾氏とのコラボレーション

隈研吾氏とのコラボレーション

サントリー美術館や根津美術館のほか、新国立競技場などを手掛けた世界的な建築家・隈研吾氏とコラボレーションした建築・店舗デザインにも注目。「スターバックス リザーブ® ロースタリ―」のなかでもいちから建物を設計、建築をしたのは今回が初ということで、世界からも注目されているんです。

新しい取り組み続々

新しい取り組み続々

スターバックスでは新しい取り組みが続々と始まっています。たとえば2020年半ばまでに使い捨てストローを廃止するため、ストロー不要のリッドや、環境に優しい代替え素材のストローの提供を決めています。

ウーバーイーツの導入やキャッシュレス支払い、アメリカなどで導入されているモバイルからオーダーして商品をお店で受け取る取り組みをテスト導入するなど、どんどん便利に進歩しています。

変化しつづけるスターバックス。中目黒沿いの心地よい空間で、コーヒーを味わうだけではなく、深く知る、新しい体験をしませんか。

おわりに

2月28日に国内初オープンとなる「スターバックス リザーブ® ロースタリ―」は、コーヒーの体験型施設です。飲むだけでなく、見たり知ったりして楽しむコーヒー体験を早くしてみたいですね!

情報提供元:旅色プラス
記事名:「2月28日、中目黒に国内初「スターバックス リザーブ® ロースタリ―」がオープン