はじめに

春から初夏にかけての過ごしやすい季節は、軽井沢で過ごしてみませんか? ラグジュアリーなホテルの花いっぱいのエコイベントやスペシャルなアフタヌーンティー、フランス料理界きっての名店「ブラス」がオープンするなど、これからの軽井沢はワクワクする話題がいっぱいです。 広大なリゾートエリアで花いっぱいのエコイベントが開催

広大なリゾートエリアで花いっぱいのエコイベントが開催

4月18日(土)~5月31日(日)、軽井沢駅前に広がるリゾートエリア「プリンスグランドリゾート軽井沢」では、花をテーマにしたアート&エコイベントが開催予定。さらにゴールデンウィークには、子どもと一緒に楽しめるイベントが目白押しです。

期間中は、「軽井沢プリンスホテル ウエスト」の敷地内にあるコテージエリアの一角が色とりどりの花で飾り付けられます。また、コテージとホテルのフロントやレストラン間を送迎するカートも花であふれ、移動中もハッピーな気分になれますよ。

さらに、5月2日(土)にはチョークを使ってフォトジェニックなアートを描く参加型のイベント、5月3日(日・祝)と4日(月・祝)には処分予定の切り花で作ったドライフラワーをアレンジするスワッグ作りなど、気になるイベントも盛りだくさん。ホテルスタッフやパティシエの職業体験も開催され、家族みんなで楽しい時間を過ごせます。

◆プリンスグランドリゾート軽井沢
住所:長野県北佐久郡軽井沢町大字軽井沢1016 春の庭園をイメージしたキュートなアフタヌーンティー

春の庭園をイメージしたキュートなアフタヌーンティー

軽井沢マリオットホテルでは、4月1日(水)~6月30日(火)で軽井沢の春の庭園をイメージしたアフタヌーンティー「Garden Bounty(ガーデン バウンティ)」を提供。強い甘みが特徴の軽井沢高原いちごをたっぷり使った、プロフィットロールとミニタルトはぜひ味わいたいもの! ほかにも桜風味のブラマンジェや信州産ロゼワインのジュレなど全8種のスイーツが用意されます。プランターに咲く花のように、美味しそうなお菓子が木箱にギュッと詰め込まれているのもキュート。思わず写真に撮りたくなるほど素敵です。

セイボリー(軽食)には、信州味噌を付けていただく野菜スティックや信州サクラ肉生ハムのクロワッサンサンドなど、地元ならではの味を楽しめる料理を4種類用意。野菜ピューレを混ぜ込んだ2種類のスコーンとマフィンもセットになっていてボリュームも満点です。ドリンクは、コーヒー5種・紅茶6種・中国茶3種をフリーフローで楽しめます。

◆軽井沢マリオットホテル
レストラン「Grill & Dining G」
住所:長野県北佐久郡軽井沢町長倉4339
営業時間:12:00~16:00
料金:3,500円 フランス料理の名店「ブラス」の世界3店目がオープン!

フランス料理の名店「ブラス」の世界3店目がオープン!

フランスのラギオールに本店があり2002年に世界初の支店を洞爺に出店したフランス料理の名店・ブラスが、ことしに世界で3番目となる「ブラス軽井沢 シモーネ・カンタフィオ」をオープン予定※。2000坪もの広大な敷地に60席だけ、という平屋のレストランは隈研吾さんの設計によるもの。木のぬくもりを感じられる店内には外の光が優しく差し込み、軽井沢の自然を眺めながらゆったりと食事が楽しめます。

敷地内には自家菜園があり、採れたて野菜を料理にふんだんに使用。もちろん地元産の食材にもこだわり、絶品料理を提供してくれます。シェフのシモーネ・カンタフィオは、ミシェル・ブラス トーヤジャポンでシェフディレクターとして活躍していた人物。繊細かつ美しい料理の数々を軽井沢で堪能できるとあり、今から楽しみでなりませんね。

※7月22日のオープン予定が、新型コロナウィルス拡大の影響で延期となりました。

◆ブラス軽井沢 シモーネ・カンタフィオ
住所:長野県北佐久郡軽井沢町長倉2147-635

おわりに

アウトレットや観光名所など見どころが充実している軽井沢ですが、ことしの春夏はさらに楽しい時間を過ごせそう。まだスケジュールが空いているなら、ぜひ軽井沢旅行の予定を入れてみてくださいね。

情報提供元:旅色プラス
記事名:「【軽井沢】ホテルのエコな花イベントにフレンチの名店のオープン。春から初夏の旅は軽井沢へ行こう