はじめに

目の前に雄大な太平洋を望む「シーサイドホテル鯨望荘」は、明治創業の老舗旅館です。かつてクジラの群れが悠々と泳ぐ姿を見られたことから「鯨望荘」と名付けられたそう。
夕陽がキレイに見られる宿でもあり、特に展望露天風呂は160度のパノラマを見渡せる海と一体となったような開放感が魅力です。 全室オーシャンビュー

全室オーシャンビュー

全室オーシャンビューの客室は、半露天風呂付きの極上空間「海のSuite」のほか、本館の和室、和モダン室、坪庭付きの客室と、バラエティ豊か。

特に1日4室限定「海のsuite」は「土・星」「木・夕陽」「和紙・潮香」「石・波」の4つをテーマにした離れのような気分を味わえる贅沢な客室です。テーマごとに客室のデザインやインテリアも異なるので、好みで選ぶのもおすすめです。半露天風呂付きなので、自由気ままな滞在が叶います。 夕陽がキレイな展望露天風呂

夕陽がキレイな展望露天風呂

滞在中絶対に体験しておきたいのは、海と一体になったかのような造りをしている展望露天風呂に入ること。沈む夕陽や満天の星を眺めながら、極上の湯浴みを楽しめます。

クジラに由来を持つホテルのため、「展望風呂 くじらの湯」には重さ4トンもの石を使用したクジラの彫刻が鎮座しています。大きなクジラと一緒に入浴する、貴重な体験ができますよ。 老舗の人気メニュー

老舗の人気メニュー

海辺の宿ならでは名物「浜島焼き」は、戦前から続くメニューです。地場産の伊勢えび、さざえ、あっぱ貝を目の前で焼いてくれるという贅沢な内容。美味しい料理で、旅の夜がより充実したものとなるでしょう。 また10月から2月にかけて限定で提供される「あのりふぐ」もおすすめ。安乗漁港を中心に水揚げされることからこの名前で呼ばれている、天然のトラフグです。独特の旨みを堪能できるよう、素材を活かした繊細な料理が食べられます。


◆シーサイドホテル鯨望荘
住所:三重県志摩市浜島町浜島1550-1
電話番号:0599-53-0029


[tabiiro-gadget]101271[/tabiiro-gadget]

おわりに

「シーサイドホテル鯨望荘」は、夕陽を眺められる展望露天風呂と新鮮な魚介を使用した料理が自慢の老舗宿です。海と一体となっているかのような露天風呂から夕陽を眺めて、癒される旅をしましょう!


情報提供元:旅色プラス
記事名:「かつてクジラが戯れた海が目の前に。絶景と料理自慢の「シーサイドホテル鯨望荘」