民泊仲介サイト大手のAirbnb(エアビーアンドビー)と、ホテル向け在庫調整システムの「ねっぱん!」を展開するクリップスは2018年10月から連携することが明らかになった。

クリップスが提供する「ねっぱん!サイトコントローラー」はホテルや旅館などの宿泊施設を中心に7,9000施設で導入されているサイトコントローラー(ホテル向け在庫調整システム)。

同社によると、ねっぱん!契約施設向けにAirbnbとの連動の事前申請受付を開始しており、Airbnb 事前申請フォームから申し込みを行うことで連携を行うことができるようになる。

民泊仲介サイトとねっぱん!との連携では、楽天グループの民泊事業会社で民泊・宿泊予約サイト「Vacation STAY」を運営する楽天LIFULL STAY株式会社が連携を発表しているが、民泊仲介サイトとしてはこれに次ぐ連携となる。

届出で民泊運営を可能にする住宅宿泊事業法の施行以降、Airbnbは同社コンセプトにある旅館やホテルなどの掲載も積極的に推進しているが、これをシステム面からも後押ししていく。

Airbnbと「ねっぱん!」の連携により、「ねっぱん!」を利用している宿泊施設は楽天トラベルやじゃらん、一休.comなどの主要な宿泊予約サイトとAirbnbを同時掲載できるようになる。

【関連記事】Airbnbが日本で仕掛ける新戦略 ホテルや旅館がAirbnbを味方にし始めたワケとは

情報提供元:Airstair
記事名:「【速報】Airbnb、ホテル向け在庫調整システムの「ねっぱん」と連携 楽天トラベルとの連携も可能に