東京ディズニーリゾート

オリエンタルランドは、東京ディズニーランドの大規模開発エリアを9月28日にオープンすると発表した。

「ファンタジーランド」「トゥモローランド」「トゥーンタウン」にまたがる、総開発面積約47,000平方メートルの敷地に、約3年かけて新施設を導入した。

ファンタジーランドには、ディズニー映画「美女と野獣」をテーマとしたエリアが登場し、大型アトラクション「美女と野獣“魔法のものがたり”」やショップ、レストランがオープンする。トゥモローランドにはアトラクション「ベイマックスのハッピーライド」やポップコーン専門ショップ「ビッグポップ」、トゥーンタウンにはキャラクターグリーティング施設「ミニーのスタイルスタジオ」がそれぞれオープンする。

新施設に入場する利用者の集中を避けるため、当面の間は一部アトラクションの体験内容を変更するほか、利用人数を制限する。アトラクションやキャラクターグリーティング施設では、新たに採用するエントリー方式で受け付け、レストランやショップへの入店は予約制とする。

ファンタジーランドの屋内シアター「ファンタジーランド・フォレストシアター」と、公演予定のエンターテイメント「ミッキーのマジカルミュージックワールド」のオープン日は未定で、決定次第発表する。

情報提供元:Traicy
記事名:「東京ディズニーランドの大規模開発エリア、9月28日オープン 利用人数制限も