東武鉄道は8月5日、東武鬼怒川線で運行する「SL大樹」を中心とした日光・鬼怒川エリアの新プロモーションを開始した。SL列車の東武日光駅乗り入れが決まったことを機に、観光・地域活性化を促す。

東武日光線には新たなSL列車「SL大樹ふたら」が10月3日にデビューすることが決まっている。この発表に合わせて開始した今回のプロモーションは、SLを通して日々の喧騒から離れたゆっくりとした時間の旅を体験してほしいという思いから、「It's SLOW time」をキャッチフレーズとした。

特に20〜30代を対象として、イメージタレントには「SL大樹」デビュー日と同じ8月10日が誕生日の女優・門脇麦さんを起用。同列車で門脇さんがゆっくりとした旅を楽しむプロモーションムービーやポスターを制作した。

▲「大瀞橋からの景色が綺麗で深呼吸したくなった」と撮影時のエピソードを話す門脇さん

「SL・DL大樹」で配布している記念乗車証も8月8日から一新する。門脇さんを起用し、計4種類のデザインを制作した。さらに、「日光・鬼怒川エリア鉄道乗り放題きっぷ」も同様に8月10日発売分から新たなデザインとなる。

▲10月3日から下今市〜東武日光間にデビューする「SL大樹ふたら」

▲8月8日から一新される「SL大樹」の記念乗車証

情報提供元:Traicy
記事名:「東武、門脇麦さん起用で「SLOW」な旅訴求 「SL大樹」新プロモーション