エミレーツ航空(エアバスA380型機)

エミレーツ航空は、ドバイ〜・ロンドン/ヒースロー・パリ/シャルル・ド・ゴール線で、エアバスA380型機による運航を再開した。

8月1日からは、ドバイ〜アムステルダム線にも投入を拡大するほか、ドバイ〜ロンドン/ヒースロー線への投入も1日2便に増やす。

また、ドバイとアテネ、バルセロナ、ジュネーブ、グラスゴー、ラルナカ、ミュンヘン、ローマの7都市を結ぶ路線の運航も再開した。7月16日にはマレとワシントン、7月17日にはブリュッセルへの運航を再開する。

エミレーツ航空は現在、50都市以上への運航を再開しており、ドバイ国際空港ではアメリカ大陸やヨーロッパ、アフリカ、中東、アジア各都市への乗り継ぎができる。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「エミレーツ航空、エアバスA380型機の運航再開 ロンドン・パリ線に