スーツに見える作業着「ワークウェアスーツ(WWS)」を製造・販売するオアシススタイルウェアは、アパレルメーカーのBAYCREW’S GROUPが展開するブランド「417EDIFICE」と、全日空商事とのコラボにより、ANA特別仕様の機能性セットアップスーツを発売した。

コラボにより発売した「ANAオリジナル WWS×417 EDIFICE for ANAセットアップスーツ」は、3社の強みを活かした商品になっているという。生地にはオアシススタイルウェアが独自開発した新素材「Ultimex」を使用し、ストレッチや撥水などの実用的な機能に加え、洗濯機に対応したイージーケア仕様を実現。デザインは「417 EDIFICE」らしい都会的ものとした。また、ジャケットにパスポートを収納できる内側ポケット、眼鏡やタブレットを拭けるクリーナーを右内ポケットに付属するなど、ANA特別仕様の細かいアレンジを加え、シティワーカーのための新感覚セットアップに仕上げている。

今回のコラボ商品を通してANAや「417EDIFICE」は、主要顧客であるITビジネスマンだけでなく、WWSの顧客層である「空港から直接作業現場へ向かうような作業度の高いビジネスマン層」の新規獲得を期待しているという。WWSとしては、今までアプローチできていなかったスーツで飛行機を利用するビジネス層への訴求を通して、新規顧客の獲得およびブランド力向上を期待する。

S、M、L、XLの4サイズ展開で、販売価格は32,780円。5月11日からANAマイレージクラブアプリ内にて先行販売しており、6月8日からはANAショッピングA-style、6月中旬からは「417EDIFICE」での予約販売も順次開始する。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「ANA特別仕様の「スーツに見える作業着」発売 アパレルメーカーとコラボ、顧客層拡大狙う