エティハド航空は、東京/成田〜アブダビ線で臨時便の運航を計画している。

アブダビ発が5月18日と25日、東京/成田発が5月20日と27日。機材はボーイング787-9型機を使用する。航空券はエティハド航空のウェブサイトから購入できる。アブダビ出発時には、政府の指示により健康チェックを受ける必要があるという。

アラブ首長国連邦(UAE)への渡航は、チェックイン時にICA承認コードを提示する必要がある。ICA承認コードの申請には、UAEのIDが必要で、日本人が取得することはできない。承認の取得後に航空券の予約を行うよう求めている。到着後にはPCR検査と体温検査を受け、14日間自己隔離する必要がある。

エティハド航空は5月31日まで、一部の臨時便のみを運航している。運航都市は、アムステルダム、バルセロナ、ベオグラード、シカゴ、フランクフルト、ジャカルタ、クアラルンプール、ロンドン、メルボルン、ニューヨーク、ソウル/仁川、シンガポール、トロントを合わせた14都市。

■ダイヤ

EY878 アブダビ(21:40)〜東京/成田(12:45+1)

EY871 東京/成田(20:00)〜アブダビ(02:45+1)

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「エティハド航空、東京/成田〜アブダビ線で臨時便運航 5月に2往復計画