関西エアポートは、関西国際空港第2ターミナルで、待機中の飛行機へ電気供給を行う電気式移動電源車「eGPU(electrical Ground Power Unit)」の実証実験を、3月27日より開始する。

エージーピー、多摩川エアロシステムズ、ピーチ・アビエーションと4社共同で行うもので、国内で初めて実施する。

第1ターミナルの地下には、駐機中の航空機へ電力の供給を行う航空機用動力設備「GPU(Ground Power Unit)」が埋設されており、駐機中の機内の照明などに利用されている。第2ターミナルには常設の設備がなく、航空機の補助エンジンによる自家発電か、ディーゼル発電機を車両に搭載した移動式ディーゼルGPUによって電力を供給している。

eGPUは充電式かつ低騒音であり、二酸化炭素排出量が少なく、自家発電の約30分の1、ディーゼルGPUの約10分の1と環境負荷の低減にもつながる。実証実験を踏まえ、導入を検討する。

情報提供元:Traicy
記事名:「関西エアポート、電気式移動電源車「eGPU」の実証実験 T2で4社共同