JR西日本は、関西線においてICカード乗車券「ICOCA」の利用可能エリアを拡大する。

新たにICOCA対応エリアとなるのは、関西線加茂~亀山駅間の全駅で、サービス開始は2021年春を予定している。同社はこれに向け、同路線に使用されているキハ120系車両に車載型IC改札機を導入するとしている。

亀山駅はすでにJR東海の「TOICA」エリアに含まれており、サービス開始に伴い、亀山駅で両エリアをまたがるIC定期券も発売される。ただし、IC定期券以外で両エリアをまたがって乗車する場合は、従来同様、全乗車区間の切符をあらかじめ購入する必要がある。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「関西線・加茂~亀山駅間でICOCAが利用可能に 2021年春を予定