イベリア航空は、東京/成田〜マドリード線を3月20日の東京/成田発をもって運休する。

当初は週5便を運航していた。当初は東京/成田発は3月22日、マドリード発は3月21日が最終便となった。

イベリア航空では、3月11日までに発券済みの4月30日までの搭乗分を対象に、変更やバウチャーでの払い戻しを受け付けている。変更は11月30日までの運航分、バウチャーの利用期限は12月31日までとなる。

■関連記事 日本からの渡航者や日本人に対する入国・入境制限、入国・入域後の行動を制限している国一覧(3月17日午後4時時点) 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う、感染症危険情報発出国・地域一覧(3月15日午後10時現在) 詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「イベリア航空、東京/成田〜マドリード線を運休前倒し 3月20日が最終便