外務省は3月17日、エジプトに、感染症危険情報「レベル2(渡航自粛勧告)」を新たに発出した。

エジプトでは新型コロナウイルスの感染が拡大しており、アフリカ各国の中で最も感染者数が多く、エジプトから帰国した日本人やその家族の感染が報告されている。エジプト政府は3月19日正午から31日まで、全ての空港を閉鎖することを発表している。

これらの状況を勘案し、両国に対して感染症危険情報を発出した。在留邦人や渡航者には、感染の更なる拡大の可能性も念頭に、最新情報の収集と感染予防に万全を期すよう求めている。

■関連記事 日本からの渡航者や日本人に対する入国・入境制限、入国・入域後の行動を制限している国一覧(3月16日午前6時時点) 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う、感染症危険情報発出国・地域一覧(3月15日午後10時現在)

情報提供元:Traicy
記事名:「外務省、エジプトに感染症危険情報 渡航自粛を勧告