ユナイテッド航空は、エアバスA321XLR型機を50機購入する。

ボーイング757-200型機からの置き換えを計画しており、2024年から、ニューヨーク/ニューアークとワシントンを発着する大西洋路線に投入する。エアバスA350型機の受領を2027年まで遅らせることも決めた。

エアバスA321XLR型機は、LED照明、大型荷物棚、機内Wi-Fiなどを導入。座席あたりの燃料消費量を前世代機と比べて30%削減できる。ユナイテッド航空では2050年までに、2005年と比べて二酸化炭素排出量を50%削減することを目標としている。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「ユナイテッド航空、エアバスA321XLR型機を50機導入 757置き換え、A350受領延期