北陸新幹線

JR東日本は、10月12日に上陸した台風19号による被害額を明らかにした。

新幹線と在来線の運輸収入は10月に約120億円、11月以降に約40億円の約160億円減少した。長野新幹線車両センターを除く鉄道施設の復旧に要する費用等は約170億円を見込む。浸水し、廃車となる北陸新幹線のE7系8編成の損害額は118億円で、新造費用は約300億円となる見通し。駅構内店舗、駅ビルなどの休業により、営業収益は約30億円減少した。

冠水した長野新幹線車両センターの復旧方針や浸水対策は検討中で、施設を保有する鉄道建設・運輸施設整備支援機構と協議の上、復旧金額を算定する。

大部分を特別損失として計上するものの、現時点で長野新幹線車両センターの復旧に要する金額について算定できていないことから、通期業績予想は修正しない。一部は保険の対象となる見込みで、保険会社との協議を進めるという。

情報提供元:Traicy
記事名:「JR東日本、台風19号による被害額明らかに 新幹線車両新造に300億円