JR東日本横浜支社は、特急「踊り子」にリニューアルしたE257系車両を2020年春から投入すると発表した。

特急「スーパービュー踊り子」・「踊り子」で現在使用している251系・185系車両から、中央線や内房線・外房線などで使用していたE257系車両をリニューアルした車両への置き換えを行う。

E257系は2000番代(9両編成)と、2500番代(5両編成)として投入する。9両編成は13編成を、5両編成は4編成をそれぞれ導入する。

車両外観は、伊豆の「空の色」と「海の色」をイメージした「ペニンシュラブルー」を基調とし、伊豆を含めた東海道線沿線の新しい原風景の創出となるようなデザインとしている。

車内は、伊豆らしい色彩を使用し、普通車は「スタンダードでありながら奥行き感のある現代的な空間」、グリーン車は色彩に加え質感にもこだわり「リッチで高品質感のある現代的な空間」を目指したデザインとしている。座席モケットの交換等を実施する。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「JR東日本、特急踊り子にE257系導入 2020年春から順次