ハワイアン航空、福岡〜ホノルル線を11月26日、開設した。

機材はビジネスクラス「プレミアムキャビン」18席、足元が広い「エクストラ・コンフォート」68席、エコノミークラス「メインキャビン」192席を備えた、エアバスA330-200型機を使用する。いずれのクラスでも、ハワイをテーマにした機内食やハワイのブランド「Kealopiko(ケアロピコ)」による新機内アメニティなどを提供する。2014年6月の運休以来、約5年半ぶりの路線復活となった。

折り返し便の、福岡を翌27日に出発するHA828便の出発前に行われたセレモニーで、ハワイアン航空のテオ・パナジオトゥリアスグローバルセールス&アライアンス上席副社長は、「福岡とホノルルは特別な関係にあるので、便利な直行便によって九州とハワイにお住いの皆様に、さらに身近な休暇の機会をご提供できることを大変うれしく思います。新たな福岡線の開始をもって、ハワイと日本の5つの就航地を結ぶ週35便を運航できることを喜ばしく感じております」と話した。

これにより、ハワイアン航空は、札幌/千歳・東京/羽田・東京/成田・大阪/関西・福岡〜ホノルル線と東京/羽田〜コナ線の日本線6路線を運航することになる。

福岡〜ホノルル線は、2011年12月より運航していたデルタ航空が、5月に撤退している。ハワイアン航空は翌2012年4月に就航したものの、集客に苦戦し、2014年6月に撤退していた。

■ダイヤ

HA828 福岡(19:55)〜ホノルル(08:45)/月・水・土・日

HA827 ホノルル(11:50)〜福岡(17:55)/火・金・土・日

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「ハワイアン航空、福岡〜ホノルル線開設 週4便で