20191126_nz_ratings

オーストラリアの航空格付け会社、エアライン・レイティングス(AirlineRatings)は、2020年の「エアライン・オブ・ザ・イヤー」にニュージーランド航空を選出した。

部門別では、ファーストクラスはシンガポール航空、ビジネスクラスとケータリングはカタール航空、プレミアムエコノミーはニュージーランド航空、エコノミークラスと客室乗務員はヴァージン・オーストラリア、機内エンターテインメントはエミレーツ航空、国内線エアラインサービスとラウンジはカンタス航空、ウルトラLCCにはベトジェットエアをトップに選出している。最も改善した航空会社にはセブパシフィック航空を選んだ。

また、長距離路線で優れた航空会社には、デルタ航空、ルフトハンザ・ドイツ航空、エミレーツ航空、キャセイパシフィック航空の4社、ベストLCCにはジェットブルー航空、ウィズエアー、エア・アラビア、エアアジア・エアアジアXを選出した。

評価内容には、乗客のレビュー、機内設備、安全性、収益性、保有機材の機齢、環境保護方針などが含まれている。エアライン・レイティングスのジェフリー・トーマス編集長は、「ニュージーランド航空は事実上すべてのカテゴリーで首位を守っており、これは驚くべき偉業であると言える」とコメントしている。

■ランキング

1位:ニュージーランド航空

2位:シンガポール航空

3位:全日本空輸(ANA)

4位:カンタス航空

5位:キャセイパシフィック航空

6位:エミレーツ航空

7位:ヴァージン・アトランティック航空

8位:エバー航空

9位:カタール航空

10位:ヴァージン・オーストラリア

11位:ルフトハンザ・ドイツ航空

12位:フィンエアー

13位:日本航空(JAL)

14位:KLMオランダ航空

15位:大韓航空

16位:ハワイアン航空

17位:ブリティッシュ・エアウェイズ

18位:アラスカ航空

19位:デルタ航空

20位:エティハド航空

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「「エアライン・オブ・ザ・イヤー」にニュージーランド航空を選出 エアライン・レイティングス発表