シンガポール航空(エアバスA350-900ULR)

シンガポール航空は、中距離線仕様のエアバスA350-900型機を、大阪/関西〜シンガポール線に2020年1月1日より投入する。

SQ620便とSQ621便が対象で、エアバスA330-300型機から変更する。残りの2便はボーイング787-10型機で運航し、12月27日から2020年1月6日までは、1便をエアバスA380型機に機材変更する。

座席数は、ビジネスクラス40席、エコノミークラス263席の計303席。タレス製の最新機内エンターテインメントシステム「AVANT」を搭載したシンガポール航空のプログラム「クリスワールド」では、1,800チャンネル以上の映画、テレビ番組、オーディオプログラムやゲームを提供する。機内Wi-Fiはインマルサットの高速ブロードバンドサービス「GX Aviation」を装備した。

■ダイヤ

SQ621 大阪/関西(16:55)〜シンガポール(23:05)

SQ620 シンガポール(08:25)〜大阪/関西(15:40)

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「シンガポール航空、大阪/関西〜シンガポール線にエアバスA350-900型機を投入 来年1月から