日本航空(JAL)は、国内線で展開してきた、「千社札シール」、「JAL TODOFUKEN SEAL」に次ぐ、第3弾として、「JAL TODOFUKEN STAMP」を11月7日より開始する。

JALのほか、ジェイ・エア、北海道エアシステム(HAC)、日本トランスオーシャン航空(JTA)、日本エアコミューター(JAC)、琉球エアコミューター(RAC)運航便も対象となる。

国内線の機内で、スマートフォンの「JAL FLIGHT FUN!」アプリのスタンプ読み取り画面を表示すると、客室乗務員がスタンプの読み込みを行い、電子スタンプをプレゼントする。アプリは事前にダウンロードする必要がある。

都道府県の風景を描いたスタンプを集める「STAGE1」で全都道府県のスタンプを集めると、ご当地料理がデザインされたスタンプをご用意している「STAGE2」へ進むことができる。獲得したスタンプは全国各地を6つに分けたエリア別に表示され、エリア毎、STAGE毎でコンプリートスタンプが獲得できる。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「JAL、国内線で電子スタンプ「JAL TODOFUKEN STAMP」展開