全日本空輸(ANA)は、2020年元旦に「初日の出フライト」を実施する。今回で20回目の実施となる。

羽田空港に午前4時10分頃に集合し、午前5時30分頃に出発。長野県駒ケ根市付近上空で初日の出を拝み、富士山周辺を遊覧飛行する。羽田空港には午前8時頃に帰着し、解散となる。便名はNH2020便で、ボーイング787-8型機の国際線仕様機で運航する。機内ではおせち風お弁当や飲み物、搭乗証明書などの記念品などを提供する。

料金は窓側を含む2席で100,000円、翼の上を含む窓側席2席で90,000円、通路側席2席で70,000円。追加の場合は1人10,000円で、1組最大3人まで参加できる。

ANAマイレージクラブ会員限定で、11月12日午前10時30分より、ANAトラベラーズ国内ツアーデスク(電話:0570-050-716、050-3819-9246)で販売を開始する。旅行の企画実施はANAセールスとなる。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「ANA、2020年元旦に「初日の出フライト」実施 来年で20回目、787-8国際線仕様機で運航