日本航空(JAL)とJR北海道は共同で、「JAL/JR北海道 感動“新”発見 ひがし&きた北海道キャンペーン」を実施する。

このキャンペーンは今年で3年目。出発エリアを更に広げ、首都圏・関西・九州に加え、中部・中国・東北を含めた6エリアを対象とする。JAL便で道内の札幌/千歳、女満別、旭川、釧路、とかち帯広の各空港に到着後、空港の最寄り駅をフリーエリア内に含んだ「JAL/JR北海道 ひがし&きた北海道キャンペーンパス」がセットになった旅行商品を販売する。設定期間は11月1日から2020年3月31日帰着分までで、一部は設定除外日となる。往復ともにJAL便の利用が条件となる。なお、首都圏発着の場合、新千歳空港は、往路または復路のどちらか1回のみの利用とする。

このキャンペーンにより、旅行会社は、JR北海道の列車を組み合わせた周遊商品を設定することができるようになる。

キャンペーンに参画する旅行会社は、10月29日時点で6エリアで延べ47社。一部ではすでに販売を行っている。より多くの旅行会社の参画を予定している。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「JALとJR北海道が共同キャンペーン 全国各地から北海道を鉄道周遊する旅行商品造成