ジェットスター・ジャパンは、日本で初めて、2020年夏に導入するエアバスA321LR型機の仕様を確定した。

全席エコノミークラスの238席仕様で、現行のエアバスA320型機のエコノミークラス180席と比べて、約3割にあたる58席増える。座席はレカロ製のBL3710を導入、USB電源やタブレットスタンド、無線による機内エンターテインメントも備える。エンターテインメントを無償、有償のどちらで提供するのかについては検討中。

BL3710は、座席幅は61.65インチ(42センチ)、シートピッチは28〜39インチ(71〜99センチ)。現行のエアバスA320型機には、BEエアロスペース製のPinnacleを搭載しており、座席幅は17.3インチ(44センチ)、シートピッチは28〜38インチ(71〜97センチ)。座席幅は狭くなる。

現在運航している路線では、東京/成田〜マニラ線が約3,000キロで、さらに遠くの東南アジア主要都市、人気リゾート地などへ就航させることができる。当初は成田空港をベースに既存の国内・国際線から導入し、国内線は需要が高い札幌/千歳、福岡、沖縄/那覇などへ投入する。

エアバスA321LR型機は、CFMインターナショナル社製のLEAP-1Aエンジンを搭載しており、最大で240席を装備することができる。最大離陸重量は93.5トン、搭載コンテナ数は従来より3個多い10個になる。航続距離は最大7,400キロメートルであるものの、導入する機材は航続距離は約5,500キロに抑える。約1年かけて3機を導入し、その後に7機を追加。2023年度までに35機体制とする。7機の機種は決まっていない。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「ジェットスター・ジャパン、A321LRの仕様決定 モノクラス238席、機内エンタメやUSB電源も