全日本空輸(ANA)は、東京/羽田〜富山・小松線で臨時便の設定や機材大型化などの対応を行う。

東京/羽田〜富山線は、通常は1日4往復を、ボーイング737-800型機で運航している。きょう10月16日には、2往復の機材をボーイング777−200型機とボーイング787-8型機に大型化する。17日と18日には2往復をボーイング767-300型機で運航する。17日には1往復、18日には2往復の臨時便を設定する。

東京/羽田〜小松線は、通常は1日4往復をボーイング737-800型機かエアバスA321型機で運航している。きょう16日と17日には、2往復の機材をボーイング777-200型機とボーイング787-8型機に大型化する。

14日と15日にも、臨時便の設定や機材の大型化などを実施していた。

■ダイヤ

ANA1411 東京/羽田(12:45)〜富山(13:45)/10月17日

ANA1412 富山(14:20)〜東京/羽田(15:25)/10月17日

ANA1411 東京/羽田(11:45)〜富山(12:45)/10月18日

ANA1413 東京/羽田(15:20)〜富山(16:20)/10月18日

ANA1412 富山(13:25)〜東京/羽田(14:30)/10月18日

ANA1414 富山(17:00)〜東京/羽田(18:05)/10月18日

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「ANA、東京/羽田〜富山・小松線で臨時便や機材大型化