JR東海は、10月12日の東海道新幹線で計画運休し、名古屋~新大阪駅間で上下6本のみ運転する。

JR東海は、台風19号接近で、12日朝から東海道新幹線の沿線が暴風域に入る予報であるとして、東京~名古屋駅間は始発から終日運転を取りやめる。名古屋~新大阪駅間は、上下6本のみ運転する。

12日の名古屋~新大阪駅間で運転する列車は、上り列車が、のぞみ95号(博多行・名古屋駅午前6時20分発)、ひかり491号(博多行・名古屋駅午前6時35分発)、こだま691号(新大阪行・名古屋午前6時51分発)。下り列車がのぞみ200号(新大阪駅始発・午前6時発)、ひかり504号(新大阪駅始発・午前6時8分発)、のぞみ100号(西明石駅始発・新大阪駅午前6時23分発)。いずれも名古屋止まりとする。

11日は、通常通り運転するが、新大阪行きの臨時のぞみ375号(東京駅午後2時53分発)を追加で運転する。同社は、夕方以降混雑が見込まれるとして、時間に余裕を持って利用するよう呼びかけている。

情報提供元:Traicy
記事名:「東海道新幹線、台風19号接近で12日は東京~名古屋駅間終日運休 名古屋~新大阪駅間の上下6本のみ運転