日本航空(JAL)

日本航空(JAL)は、台風19号の影響で、国内線・国際線の多数の運航便で欠航を決めた。

国内線は、10月11日は名古屋/中部、大阪/伊丹を発着する一部の便で欠航を決定した。翌12日は、東京/羽田、東京/成田、名古屋/中部、大阪/伊丹、大阪/関西の各空港を発着する多数の運航便を欠航することを決めた。

また、台風が通過した後も、使用機手配の影響で遅れが出る見込みで、13日も仙台、東京/羽田、東京/成田、名古屋/中部、大阪/伊丹、大阪/関西の各空港発着便で遅延・欠航となる可能性がある。また、既に東京/成田に到着する一部便で欠航を決めた。

国際線は、11日は名古屋/中部と大阪/関西を発着する便に影響が出る見込み。12日は東京/羽田、東京/成田、名古屋/中部、大阪/関西の各空港発着便も終日運航が厳しくなる見込みとしている。既に12日の東京/羽田、東京/成田、名古屋/中部を発着する運航便の一部で欠航を決めた。13日も影響が出る見込み。

情報提供元:Traicy
記事名:「JAL、国内線・国際線共に多数の便で欠航決める 12日は東名阪で多くが欠航、国際線も