京成3100形

京成電鉄が10月26日のダイヤ改正から営業投入する、成田スカイアクセス線の新型車両3100形が10日、メディアに公開された。

京成電鉄としては約16年ぶりとなる新形式車両で、「受け継ぐ伝統と新たな価値の創造」をコンセプトに、新京成電鉄と共同で開発。京成グループの標準車両として位置づけられている。

京成3100形

外観デザインは成田スカイアクセス線の案内カラーであるオレンジ色のラインが特徴で、京成本線との誤乗車防止を図る。また、東京スカイツリーなどの沿線のシンボルや、飛行機のイラストを車体に描いた。

京成3100形

先頭形状はシャープなデザインとなり、空港への速達輸送を担う車両としてのスピード感を表現。急行灯や尾灯も、それに合わせて多角形のスタイリッシュな形状となった。

京成3100形

また、側面の行先表示器は縦19.2センチ、横76.8センチとなり、3000形と比べ2倍に大型化。中国語簡体字や韓国語、駅ナンバリングの表示に対応した。

京成3100形

車内は、外観に合わせてオレンジ色がベースとなった座席シートが目新しい。シートのアクセントには、日本を象徴する桜と、千葉県の県花である菜の花があしらわれた。

京成3100形

車内で最も特徴的なのは、座席に仕掛けられた新たな機能だ。8人掛けシートの中央2席が映画館の椅子のような折りたたみ式になっており、空席時は座面を跳ね上げて荷物スペースとして利用できる。空港アクセス鉄道として、大型の荷物を持ち込む利用客を想定している。

この機能は車掌がロック・アンロックを切り替えることができ、ロック時は座面が固定されている。担当者によると、導入からしばらくは常時アンロックとする予定。その後は利用状況を見て切り替えの時間帯などを検討するという。

京成3100形

このほか、LCD車内表示器の2画面化や車内防犯カメラの新設、空気清浄用のプラズマクラスターイオン発生装置の設置などが特徴となっている。

2019年度は2編成が導入され、主にアクセス特急として運用している3000形7次車(3050形)を置き換える。3050形についても順次、オレンジ色を基調としたデザインに変更するほか、一部の編成は京成本線に転用する。

京成3100形 京成3100形 京成3100形 京成3100形

▲座面アンロック時

京成3100形

▲座面ロック時

京成3100形

情報提供元:Traicy
記事名:「座面を上げて荷物置き場に 京成、アクセス特急に新型車両