AIRDO(エア・ドゥ)は、日本政策投資銀行と北洋銀行が幹事金融機関として組成した協調融資(シンジケート・ローン)により、ボーイング767-300ER型機(機体記号:JA612A)を購入した。

シンジケート・ローンは、北海道銀行と北海道信用農業協同組合連合会が参画して組成された。従業員の健康配慮への取り組みの評価に応じて融資条件が設定される、「DBJ健康経営格付」融資が用いられた。

導入した機体は、全日本空輸(ANA)が運航していた中古機で、座席数は288席。9月10日より運航を開始した。3月に就航した同型機(JA613A)と同様に、ドイツのレカロ製の薄型シートと北海道の自然を表現したデザインしたシートカバーを採用し、シートピッチは31インチ(約79センチ)と足元のスペースを確保した。座席下にはUSB電源、New Look Interiorを採用した手荷物収納スペースを設けるなど、利便性も向上した。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「エア・ドゥ、道内金融機関の協調融資でボーイング767-300ER型機を購入