東京メトロは、10月15日より、勤務中の全駅の社員にiPhoneを携帯させる。

2010年からサービスマネージャー、2015年から全駅、2018年から車掌、2019年からワンマン路線の運転士にiPadを導入していた。利用者への案内強化、社員間の情報共有を図るためとしており、約1,500台を導入する。

iPhoneには、NTTドコモと共同開発した多言語翻訳アプリ「はなして翻訳」や、駅社員同士で駅間連絡を行う「バリアフリーアプリ」を搭載する。東京メトロや関係各社のアプリを活用し、列車の在線情報やリアルタイムの運行状況を把握できるようにする。写真共有アプリを活用し、異常時に画像や動画を用いて、指令所などと情報共有を行う。

日比谷線北千住・中目黒・中野・西船橋・代々木上原・和光市・目黒・半蔵門線と副都心線渋谷の各駅は対象外。

情報提供元:Traicy
記事名:「東京メトロ、全駅員がiPhoneを携帯 約1,500台導入