JAL(ボーイング777-300ER/JA740J)

日本航空(JAL)は、国土交通省からの事業改善命令を受け、社内処分を実施した。

赤坂祐二代表取締役社長は月額報酬の40%を3ヶ月、植木義晴代表取締役会長と藤田直志代表取締役副社長、権藤信武喜取締役常務執行役員は同20%を2ヶ月、それ以外の全役員は同10%を1ヶ月それぞれ減額する。監査役は同10%を1ヶ月自主返上する。

飲酒に起因する事業改善命令は、2018年12月に次いで2回目。乗務前にアルコールを検知する事案を、4月以降に3件発生させたことから、2回目の事業改善命令を受けた。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「JAL、役員報酬減額の社内処分 国交省からの事業改善命令で