日本トランスオーシャン航空

日本トランスオーシャン航空は、10月上旬より機内Wi-Fiを使ったコンテンツとして新たに「拡張現実(AR)サービス」を開始する。

「探しに行こう 沖縄(うちな~)の宝」と題し、「キジムナー」と「オサカナ」が案内役となり、いたずらを仕掛けながら沖縄の文化や魅力を紹介するストーリーで、機内Wi-Fiに接続したスマートフォンのブラウザから楽しめる。

2017年11月よりジンベエジェット・さくらジンベエの2機限定で実施している、「仮想現実(VR)サービス」は終了する。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「JTA、機内Wi-Fiで「ARサービス」 拡張現実で沖縄の文化や魅力紹介