カンタス航空は、プロジェクト・サンライズ計画の一環として、オーストラリア東海岸とニューヨーク・ロンドンを結ぶ直行便の実現に向けた調査飛行を、3回に渡り実施する。

10月、11月、12月に予定されている、ボーイング787-9型機のデリバリーフライトを用いて、超長距離フライトの快適性向上に向けた調査を実施する。

当初予定していたルートを変更し、シアトルからニューヨーク、ロンドンに飛行した後、シドニーに向けて約19時間飛行する。乗員を含む搭乗者数を最大40名とすることで、航続距離を延長させる。ニューヨーク〜シドニー間では世界初、ロンドン〜シドニー間では2回目の民間航空会社としての直行便となる。

シドニー大学のチャールズパーキンスセンター、モナーシュ大学と連携して調査を設計し、治験コーディネーターとも協力する。搭乗者のほとんどがカンタス航空の社員で、機内ではウェアラブル技術を搭載したデバイスを装着し、睡眠パターンや機内食・飲み物の消費状況、照明、体の動き、機内エンターテインメントをモニターし、健康や快適性、体内時計に与える影響を調べる。パイロットは脳波測定器を装着し、仕事と急速の最適なパターンを作る上で必要なデータを得る。

シドニー〜ロンドン・ニューヨーク線の所要時間は、それぞれ約19時間。ニューヨークとオーストラリアを結ぶ旅客便としての直行便を運航した航空会社はこれまでにない。カンタス航空では1989年に、ボーイング747-400型機の導入を記念して、ロンドン〜シドニー線で直行便を運航し、23名が搭乗した。航続距離を伸ばすため、機内は最小限の装備しか設けなかった。エアバスとボーイングは、カンタス航空に対して両路線の運航が可能な航空機として、エアバスA350型機とボーイング777Xを提案しており、年内にも決定する見通し。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「カンタス航空、約19時間ノンストップの調査飛行を3回実施 ニューヨーク・ロンドンから