ギャラクシー・マカオ

ギャラクシー・エンターテインメント・グループ(GEG)は、日本-マカオ統合型リゾート・マネジメント・メンターシッププログラムを8月26日から3週間に渡って実施する。

GEGが設立したGEG基金が協力し、マカオで業界の専門家から統合型リゾート(IR)の知見やホスピタリティスキルを学ぶ機会を提供するもので、今年で2年目。東洋大学、京都産業大学、福岡大学の学生やオークラ・ニッコー・ホテルマネジメントの社員が参加し、ギャラクシー・マカオにおいて飲食やホテルのマネジメント、エンターテインメント、リテール、イベントマネジメント、マーケティング、CSR活動などについて学ぶ。

GEGのフランシス・ルイ副会長は、「GEGが日本の次世代を担う若い学生にIR産業について海外での実地経験を通して学ぶ機会を提供できることは非常に意義のあることと思っています。私たちはマカオや香港において、次世代支援の一環として、将来のキャリアのために最良な機会を提供することを常に目指しています。日本でも持続可能で責任あるIR開発と運営には、現地の優秀な人材確保がカギとなります。将来IR産業やホスピタリティ産業で働くことを希望する日本の若い世代への継続的な支援を通して、今後も日本社会に貢献したいと考えています。」とコメントした。

また、マカオの若者が日本を含む海外で、同様の経験ができる機会も2020年初頭に提供する見通し。オークラ・ニッコー・ホテルマネジメントの運営するグループホテルと提携し、マカオの学生が、日本で6か月間のインターンシップに参加し、観光学研究機関でホテルマネジメントを学ぶことを予定している。

情報提供元:Traicy
記事名:「ギャラクシー・エンターテインメント、日本の学生らがマカオでIRを学ぶ事ができるプログラム実施