日本航空(JAL)は、チャット形式でハワイ情報を回答するバーチャルアシスタント「マカナちゃん」に新機能を搭載した。

日本アイ・ビー・エムの人工知能(AI)と、UiPathが展開するソフトウェアがプロセスを自動化するRobotic Process Automation(RPA)ソフトウェア「UiPath」を活用し、航空券や海外ダイナミックパッケージ、ジャルパックが販売するツアー商品を対象に、いつ行くとお得かという情報を最大3カ月先までカレンダーで比較できるようにする。Glossomがアプリの開発で協力する。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「JAL、バーチャルアシスタント「マカナちゃん」に新機能 ツアーのお得時期の比較可能に