国土交通省

国土交通省は、2020年3月29日より、羽田空港の新飛行経路の運用を開始する。

今回の新飛行経路の運用開始により、国際線を年間約3.9万回増便する。南風時は午後3時から午後7時まで、北風時は午前7時から午前11時30分までと午後3時から午後7時まで新飛行経路を利用し、1時間当たりの離陸・着陸回数は80回から90回に増加する。

羽田新経路南風 羽田新経路北風

新飛行経路の運用に伴う騒音対策のため、高騒音機の着陸料を引き上げて低騒音機の着陸料を引き下げるほか、降下角の引き上げ、長距離国際線や4発機の運用制限などを行う。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「国土交通省、来年3月29日から羽田空港新飛行経路の運用開始