ボーイングは、ライオン・エア610便とエチオピア航空302便墜落事故の遺族や被害を受けた地域に対して支援を行うため、1億米ドルの基金を設立すると発表した。

地方政府や非営利団体と連携し、遺族の家族の教育や生活費などに活用する。地方政府や非営利団体とも連携する。12月31日まで従業員による寄付も受け付け、ボーイングは従業員の寄付金と同額を寄付する。詳細は後日発表する。

デニス・マレンバーグ会長、社長兼CEOは、「私たちボーイングは、この2つの事故による悲劇的な人命の損失を残念に思います。そして、これらの人命の損失は、今後も私たちの心と心に重くのしかかっていくでしょう。」として、信頼回復に向けた努力を継続することを表明した。

情報提供元:Traicy
記事名:「ボーイング、2機の737 MAX墜落事故で1億米ドルの基金設立