セントレア 燃料電池バス

中部国際空港とイオンモールなどで構成する「CHITA CATプロジェクト」は、中部国際空港とイオンモール常滑を結ぶ無料シャトルバスに燃料電池バスを導入し、6月26日より運行している。

この路線は、2015年12月より運行しており、平日12往復、土日祝日27往復運行し、月間28,00人以上が利用している。

今回の燃料電池バスの導入を通して、空港周辺エリアへの環境負荷低減、世界最先端の燃料電池技術の実用によるショーケース化、2019年3月19日に開業したセントレア水素ステーションの活用を目指す。また、中部国際空港を起点に、水素エネルギーの利活用のモデルケースとして広くPRすることを目指すとしている。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「中部国際空港など、イオンモール常滑へのシャトルバスに燃料電池バス導入