JR東海とJR西日本は、「エクスプレス予約」「スマートEX」のアプリ利用者を対象に、列車遅延時に新たなサービスを6月22日以降、開始する。

「EXアプリ」で当日の列車を予約済の人を対象に、列車の遅延情報をプッシュ通知で提供する。また、列車に大幅な遅延が発生した際、所定発車時刻後の列車も「EXアプリ」で予約可能となるサービスを試行する。

当該駅をすでに発車済の列車もシステム上では新規予約が可能となることから、注意を求めている。誤って発車済の列車を予約してしまった場合は、手数料無料での払い戻しができる。

サービス開始後の利用状況を踏まえ、対象者の拡大やサービス内容の向上を図るとしている。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「JR東海とJR西日本、「EXアプリ」で列車遅延時にプッシュ通知などの新サービス