JR東日本は、水素をエネルギー源としたハイブリッド車両の試験車両を製作し、実証試験を実施する。

試験車両はFV-E991系2両1編成で、世界で初めて70MPaの高圧水素を利用できる燃料電池車両となる。2021年度内に落成・試験開始予定で、鶴見線・南武線尻支線・南武線(尻手~武蔵中原駅間)で試験を行う。

実使用環境下での走行試験を伴う実証試験を行い、安全性、環境性能、車両性能などを確認するほか、燃料電池制御技術の最適化や、地上設備に関する技術開発項目の検討など、将来の燃料電池車両実用化に向けたデータを収集する。実証試験に当たっては、神奈川県、横浜市、川崎市と連携して環境整備を行う。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「JR東日本、南武線・鶴見線でハイブリット車両の実証試験実施 2021年度から