アメリカン航空は、ダラス・フォートワース国際空港ターミナルDに、「Flagshipラウンジ」と「Flagship ファーストダイニング」を新設オープン、「Admirals Club」を改装オープンした。

Flagshipラウンジは、FlagshipファーストとFlagshipビジネスの乗客が利用できる。シャワールームも完備し、アドボソースのテキサスブリスケットや韓国風の手羽先、寿司などの料理をビュッフェ形式で提供するほか、シェフ・ステーションではオムレツやアジア風パンケーキ、食事に合わせたプレミアム・ワイン、シャンパン、地元産のクラフトビールなども提供する。広さは23,130平方フィート、座席数は350席。営業時間は午前5時から午後10時15分まで。

Flagshipファーストダイニングは、Flagshipファーストの乗客が利用できる。「テキサス風味のダブルスモークビーフブリスケット」や「ゆっくりと煮込んだポークの肩肉」、「テキサスピーカンパイ」、「マスターソムリエのデズモンド・エシャバリー」、オリジナルカクテル、地元産クラフトビールなどを着席スタイルで提供する。シグネチャーメニューの「Flagshipバーガー」は植物性のインポッシブル・バーガーを用意し、ベジタリアン向けのオプションメニューも提供する。広さは1,440平方フィート、座席数は54席。営業時間はは午前8時から午後10時まで。

Admirals Clubは、対象クラスへの搭乗のほか、会員権や1日利用券の購入することで利用できる。フムスや野菜、スープ、自分で作ることができるグアカモーレ・ステーションの軽食のほか無料のビールやワイン、スピリッツ、有償でダラスやフォートワース、ヒューストン産のクラフトビールも販売する。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「アメリカン航空、ダラス・フォートワース国際空港ターミナルDに新ラウンジ 既存ラウンジの改装も