UDSは、東京・新宿5丁目に「ONSEN RYOKAN 由縁 新宿」を5月8日に開業する。

切妻屋根の平屋から続く18階建てのビル部分に、12平米から52平米まで7タイプの客室を193室展開する。視線を低く集め空間自体に広がりを感じられるデザインなど、コンパクトな空間でも快適に過ごせる工夫を凝らした。布団の敷き込みを省くことや、食事が含まれない宿泊プランも設けることなど、従来の旅館のサービスを見直し、手ごろな料金かつ自由なスタイルでくつろげる滞在を提供する。

入口には数寄屋門や庭園、手水鉢など伝統的な和のしつらえを取り入れ、館内もヒノキやスギなどの白木の無垢材、和紙、漆を模した天板などの「和」の素材で、「陰影」を意識した日本らしい繊細な表現を随所に施している。また、最上階の18階には箱根から運ぶ温泉露天風呂を設ける。

当ホテルは、UDSが近隣で運営する訪日外国人向けツアーデスクを備えたインバウンド事業者向けコワーキングスペース「INBOUND LOUNGE」や地元の商店会と連携し、街の魅力発信に寄与していくことを目指すとしている。

アクセスは、都営地下鉄・東京メトロ新宿三丁目駅、東京メトロ新宿御苑前駅から徒歩7分。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「「ONSEN RYOKAN 由縁 新宿」、5月8日に開業 日本古来の旅館をアレンジ