エミレーツ航空は、ドバイ国際空港の滑走路を改修工事のため4月16日から5月30日まで閉鎖することに伴い、利用者に対して遅延を最小限に抑えるため、空港に早めに到着するよう呼びかけている。

ゲートは長距離路線では出発時刻の90分前、短距離路線は同75分前、アメリカ行きでは同120分前にオープンする。出発時刻の20分前にクローズされ、スケジュール通り出発できるよう、搭乗締切時間は厳守される。乗客には出発時刻の3時間前に空港に到着するよう求めている。

ドバイ国際空港には2本の滑走路があり、工事期間中の離発着は滑走路1本で行われることになる。エミレーツ航空やグループ各社は、14ヶ月以上に渡って綿密な計画を練っており、一部便は運航を取りやめるなど、柔軟で最適化した機材運用などによって混乱を軽減させるよう努めている。運航上の制限があるフライトの優先付けなども行う。2020年にはドバイ万博が開催されることから、ドバイ国際空港の長期的な発着容量の増加や空港サービスレベルの維持には不可欠だとしている。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「ドバイ国際空港で4月16日から5月30日まで改修工事 搭乗締切時間はより厳密に