シルクエアー

シルクエアーは、ボーイング737 MAX 8のビジネスクラスに、トンプソン・エアロ・シーティング製のフルフラットシートを導入することを決定した。

シンガポール航空の地域間路線を展開するシルクエアーは、シンガポール航空に統合する計画。新シートの導入は投資プログラムの一環だといい、2020年5月から導入を開始する。機体の塗装も変更し、シンガポール航空とサービスを統合し、エコノミークラスにもエンターテインメントシステムを設置する。

現在、ボーイング737 MAX 8を5機運航しており、さらに32機を導入する計画。未導入の機体には受領時から設置し、既存の運航機材には順次設置する。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「シルクエアー、737 MAX 8のビジネスクラスにフルフラットシート導入