全日本空輸(ANA)は、日本産の素材を使用した機内食を、12月1日より欧州発便で提供する。

ANAケータリングサービスの川崎工場が機内食工場として国内で初めて、「対EU輸出水産食品取扱施設」として水産庁より「EU HACCP認定」を受けており、日本で採れた魚を使用し、日本で加熱調理した切り身魚をEU圏内に輸出することができるようになった。

ANAではこの認定を活用することで、環境の違いからこれまで機内食として提供ができなかった、鰤や鯛、縞鯵を使用した和食の提供を開始する。12月から2019年2月までの間は、ロンドン/ヒースロー・フランクフルト発のファーストクラスで、和食の主菜として「鯛胡麻焼き」を提供する。

今後、「鰤藻塩焼き」、「鰤柚香焼き」、「鰤煮付け」、「鯛塩焼き」、「鯛柚香焼き」、「鯛胡麻焼き」、「鯛酒蒸し」、「縞鯵藻塩焼き」、「縞鯵胡麻焼き」、「縞鯵焼き漬け」、「縞鯵酒焼き」、「縞鯵柚香焼き」の12種類のメニューを提供していく。(写真:ANA)

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「ANA、欧州発ファーストクラスで日本産素材を使用した機内食提供