日本航空(JAL)は、古着を原料とした国産バイオジェット燃料の製造に挑戦する「10万着で飛ばそう!JALバイオジェット燃料フライト」プロジェクトを実施する。

日本環境設計の協力のもと全国から衣料品を回収し、その綿を原料としてGreen Earth Instituteの技術的サポートのもと、地球環境産業技術研究機構が開発したバイオプロセスを使用して国産バイオジェット燃料の製造に挑戦する。最終的には、2020年中にこのバイオジェット燃料を使用した日本初のチャーターフライトの運航を目指す。

衣料品の回収期間は10月15日から12月20日まで。衣料品を提供した人の中から抽選で、チャーターフライトに招待する。詳細は決定次第発表するとしている。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「JAL、衣類原料のバイオジェット燃料製造へ 古着提供者をフライトに招待