全日本空輸(ANA)は、ボーイング787型機に搭載しているロールス・ロイス社製エンジンの点検のため、10月27日まで、国内線の一部便を欠航する。

新たに発表されたのは、国内線の9月1日から10月27日までの運航便で、欠航となる便数は593便。影響人数は約15,300人。東京/羽田発着便の欠航はなくなる。この他にも、9月1日から10月27日までの一部の日に、東京/成田〜ロサンゼルス・香港線と名古屋/中部〜香港線を欠航することをすでに発表している。

ANA便への変更はANAのウェブサイト上で変更を受け付ける。JALグループへの振り替えの場合は搭乗後に領収書を送付するか、JALの片道普通運賃を予約し、予約番号を控えた上でコールセンターに連絡し、利用する必要がある。新幹線や特急列車などの他交通機関へ振り返る場合、航空券と代替交通機関の差額はANAが負担する。

ANAでは、6月に発出されたロールス・ロイスからの技術指示、国土交通省からの耐空性改善通報による技術指示を受け、ボーイング787型機のエンジンの点検を進めていた。点検の対象となるエンジン台数がボーイング787-9型機の66台に加え、ボーイング787−8型機の70台も追加となったことから、部品交換が必要なエンジンが増加したことにより、必要とする機材が不足したという。

■欠航便

ANA1719 大阪/関西(20:20)〜札幌/千歳(22:10)/9月1日〜30日、10月1日〜27日

ANA1710 札幌/千歳(07:40)〜大阪/関西(09:55)/9月2日〜30日、10月1日〜27日

ANA442 福岡(16:15)〜名古屋/中部(17:40)/9月1日〜30日、10月1日〜17日・19日〜27日

ANA439 名古屋/中部(16:00)〜福岡(17:30)/9月1日〜30日、10月1日〜17日・19日〜27日

ANA450 福岡(20:40)〜名古屋/中部(21:55)/9月1日〜16日・18日〜30日、10月1日〜27日

ANA445 名古屋/中部(18:35)〜福岡(20:00)/9月1日〜16日・18日〜30日

ANA445 名古屋/中部(18:30)〜福岡(19:55)/10月1日〜27日

ANA4957 福岡(13:35)〜宮崎(14:20)/9月1日〜30日、10月1日〜27日

ANA4958 宮崎(14:50)〜福岡(15:40)/9月1日〜30日、10月1日〜27日

ANA1129 名古屋/中部(07:25)〜沖縄/那覇(09:40)/9月3日〜6日・8日〜14日・16日・18日〜25日・27日〜30日

ANA1130 沖縄/那覇(10:25)〜名古屋/中部(12:30)/9月3日〜6日・8日〜14日・16日・18日〜25日・27日〜30日

ANA1771 沖縄/那覇(14:40)〜石垣(15:40)/9月3日〜5日・7日〜30日

ANA1771 沖縄/那覇(14:45)〜石垣(15:45)/10月1日〜10日・11日〜16日・19日・20日・22日〜26日

ANA1774 石垣(16:15)〜沖縄/那覇(17:15)/9月3日〜5日・7日〜30日

ANA1774 石垣(16:20)〜沖縄/那覇(17:20)/10月1日〜10日・11日〜16日・19日・20日・22日〜26日

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「ANA、9月から10月に国内線593便を欠航 787エンジン点検で